読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界でいちばん幸せな国フィジーの写真日記【HAPPY FIJI GRAPH(ハッピーフィジーグラフ)】

幸福度調査で2度世界一に輝いたフィジーでの生活体験を、写真と共に紹介しています!

     ⒸTomoyuki Hirose (無断転載禁止)

f:id:wakuwakutomo:20160523113848p:plain f:id:wakuwakutomo:20160523113928p:plain f:id:wakuwakutomo:20160523114004p:plain f:id:wakuwakutomo:20160523114104p:plain f:id:wakuwakutomo:20160523114216p:plain f:id:wakuwakutomo:20160523114244p:plain
f:id:wakuwakutomo:20160523115857j:plain f:id:wakuwakutomo:20160523121429j:plain

英語を超える世界共通言語!深良い歌詞を連発する高橋優の福笑いって知ってる??

人生の教科書

こんにちは!トウナンマガジン廣瀬智之です。

 

いつもご愛読いただきありがとうございます!

 

最近少しずつ読者数も増え、ありがたいかぎりです。

 

これからもはりきって更新していきますので、

シェア、ブックマークよろしくお願いします!

 

 

さて、前回はミルクティ好き必見

世界で大人気の超絶品ミルクティ屋さんを紹介しました!

 

そしてそのお店がついに日本に上陸です!!

詳しくはこちら↓↓↓

www.tonanmagazine.com

 

 

さて、今回の記事は

 

ある曲にスポットを当てたいと思います。

 

 

 

その曲とは

 

 

高橋優さんの福笑いです。

 

 

いったいどんな曲なのか、まず歌詞を見ていただきたいと思います。

 

 

 

 

f:id:wakuwakutomo:20150925215106p:plain

f:id:wakuwakutomo:20150925215151j:plain

 

高橋優さんの特徴はまずこの歌詞にあるのではないでしょうか?

 

 

実は私がこの歌を好きになったのには、あるきっかけがありました。

 

 

f:id:wakuwakutomo:20150917122721j:plain

 

 

このブログのメインテーマでもあるカンボジア

 

 

僕は丁度2年前の18歳の時に

はじめてカンボジアに行きました。

 

 

僕はその中で、

 

「幸せ」について深く考えることになりました。

 

 

カンボジアの人たちの価値観や、

 

カンボジアで生活する日本人の方とお会いする中で

 

 

 

「幸せってなんだろう」

 

 

そんな疑問が自分の中に芽生えました。

 

 

毎日毎日幸せについて考える日々

 

 

 

そんな時僕はこの曲と出逢ったんです。

 

 

それでは一度お聞きください。

www.youtube.com

 

 

 

 

「幸せとはなにか」

 

その答えは、未だ尚出ていませんし、

出す必要もないと今は思っています。

 

 

 

なぜなら、

幸せのカタチは人によって違うからです。

 

幸せというのは、

数学の公式のようなものではなくて、

 

それまでの環境は生き方によって、

人の数だけ存在するものだと思います。

 

 

大切なのは「幸せとはなにか」

 

ではなく、

 

「幸せだと胸張って言えるか」

 

そんなことを教えてくれたのが

高橋優さんのこの歌でした。

 

 

“きっとこの世界の共通言語は

英語じゃなくて笑顔だと思う

 

子どもだとか大人に関わらず

男だとか女だとかじゃなく

 

あなたが今楽しんでいるのか

幸せだと胸張って言えるのか

 

それだけがこの世界の全てで

隣でこの歌唄う僕の全て”

 

 

 

胸をはって幸せといえる

 

これって意外と難しいことなのかもしれません。

 

 

 

 

「みなさんにとっての幸せはなんですか?」

 

f:id:wakuwakutomo:20150916231355j:plain

 

 

 

以上高橋優さんの福笑いについてでした!

 

また、幸せについて考えることになった

カンボジア滞在レポートもあげていますので、ぜひお読みください!!

www.tonanmagazine.com

www.tonanmagazine.com

www.tonanmagazine.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

トウナンマガジン廣瀬智之